SFAを効率的に活用しよう

SFAを上手に活用している企業は売り上げが伸びる、と言われていますが必ずしもそうではありません。中には情報集めに終始してしまったり、分類に躍起になってしまったりとなかなか上手に活用できていない企業も少なくありません。SFAを効果的に活用する秘訣は、まず自社の営業形態をしっかりと分析する事です。企業により営業形態は大きく異なるので、これに合ったものを選ぶことが最も大切です。ツールはあくまでも使うものなので、決してツールに振り回されることが無い様にすることが大切です。顧客の分類をどのようにしているのか、見込み客の見極めの基準はどうするのかなどをまずは社内で明確にするところから始めることです。基準を明確にすることで、顧客の扱いをどの様にすべきかが決まってきます。その上で最も最適なSFAを選んで導入するべきです。

SFAの活用が国際競争には不可欠です。

ビジネスの政界においてもグローバル化が急速にすすんできています。日本国内においては長引く不景気から消費意欲が減退しており市場規模は回復していません。また少子化も進んできているのでさらに国内市場は縮小することが予想されます。そのために多くの企業がより消費人口の多い国外へと活路を求めていますし、この流れは大手企業にとどまらず中小・零細企業においても生き残りをかけて進出しています。それでもやはり国際的な競争も激しいため、なかなか容易にはビジネス運営を進めることはできません。とくに急務なのがビジネス運営の効率化にあります。目まぐるしく変化してくる国際情勢に対応できるようになるためには、営業支援システムであるSFAなどの導入で効率アップを果たすことが急務になってきています。自社にあったシステム構築などを検討することをお勧めします。

SFAの導入でモバイル端末を100%活用。

いまや日本の国内においても海外からの企業などが多く進出してきており、日本国内の経済活動もグローバル化が急速に進んでいます。このような状況下においては企業にとっては利益を確保することはおろか、生き残ることも困難な状況にあると言えることでしょう。そこで重要になってくるのがビジネス運営のスピードアップになります。とくに中小・零細企業こそチャンスを確実にものにするにはスピード感は欠かせません。ちょっとした情報が大きなビジネスに繋がる可能性があるためです。スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末をビジネスに活用することも増えてきていますが、さらに効率をアップさせるにはシステムから変えていくことも必要なケースもあります。SFAなどの営業支援を専門に扱っているサービスなどを利用しシステムを構築することでさらにスピード感あるビジネス運営を実現させることが出来ます。

SFAはSalesForceAutomationの略で日本語でいうと営業支援システムとなります。元々アメリカで生まれた概念です。 SFAならよくあるミスを予防できます。 ネクストSFAは属人的な部分に頼っていた今までの営業プロセスを可視化し、営業の効率を向上させます。 営業マンがSFAに進捗を入力してくれない。どこの企業も抱える悩みですが、ネクストSFAが解決します。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *